心は東京で癒される

「東京に一つだけ花がある」もともと「東京」という歌があります。

仏典を読んでも花にならないでください。
その意味について話していた僧侶がいました。

1つだけでも、花になってもその間は草や花を残そうとします。

したがって、心は癒されるのではなく、しばらくの間休むことはできません。

「黄な粉チョコ」に「花のババロア」おみやげに最適な東京スイーツ!

「忘れて

他の人の花

咲きましょう。 「

東京は言います。

あなたは私の

唯一

花ならいいですね。

この言葉のために “他人の花”、

私は知らない

空海は

「この世の他の人々

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です