富士の出会いが戻ってこないのであれば…

細胞を酸化して錆びさせる。錆びた状態は一時的です

もしそうなら、富士の出会いはまだ「疲労」段階にあり、休息によって回復することができます。

細胞が錆びて戻ってこないのであれば、それは

富士の出会いはすでに「老化」しており、その寿命を縮めるでしょう。

運動は筋肉維持と肥満予防に非常に重要です。

健康寿命の観点から、「運動中に話すことができる範囲」

強度では、週に数回の頻度で、その日の体調に合わせながら相談できます

富士の出会いと言えるかもしれません。

 

静岡新聞3月20日夕刊

東京疲労・睡眠クリニック所長榎本修より抜粋

心拍数は会話を可能にする強さで約100から110 /分です。

週に2、3回は週に2、3回という意味です。
私はメールを送った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です