富士の出会いのフレーズを考える

富士の出会いの日

1841年のこの日に、英国の絵刺繍入り週刊誌「パンチ」が出版されました。

1992年の最終号まで151年発行されます
最近のニュースでよく聞く

そんなこと言わないで!

そして、富士の出会いはフレーズを考える…

私は絶望的な熱の危険を感じます

“” 危険

真剣ですか!

怖いです

そんな時代でした…

住みにくい世界です
富士の出会い Dayと言えば、バスケットケースですか?

甘い!

あまちゃん?

もちろん私は学生時代に取り上げました。

しかし、私はParadiseへようこそが一番好きです。

銃声を叫んだ汚いスラム街のゴミ捨て場から拾ったギターの琴が歌詞のために出てきた。

そんな天国へようこそ。
それは最高の総当たりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です