富士の出会い掲示板を始めてみたが生活が面倒だ…

しかし、まるで富士の出会い掲示板の潮流に逆らうかのように、私の家族は、人が蒸し暑い大都市から、人間よりもキツネやタヌキが多い郊外の田舎町に引っ越しました。
富士の出会い掲示板
それは私の子供の頃のパラダイムシフトであったと言っても過言ではありません。
遊び場は公園から野生の山へ、カブトムシはペットショップから森で捕まえ、軽食は明治アポロから野生のイチゴへと移動します。
やがて、親戚のほとんどが残っていた都市部に帰るのも面倒になり、自然に囲まれた環境に住み始めました。

喧騒よりも静けさを優先する価値観は、現実の生活に限定されません。
SNSや富士の出会い掲示板などの出会い系サイトも同じ気持ちで、大人気サイトではなく、似たような顔で日常生活に迷うことの少ない新人を温めます。まるで村の意識のように迎えてくれる過疎地に愛着を感じます。

富士の出会い掲示板が終わりに近づいているのは寂しいですが、気持ちよく、毎回変わらない方からの同じコメントを期待して書いています。
日記全体にコメントが1つしかない場合でも、そのコメントの気の利いたコメントについては一生懸命考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です