東京では私はちょっと泣いてしまった

東京が町に着くと、男は向きを変えるだろう

ボストンバッグに詰まっているのは下着と化粧ポーチと衣服とパスポートです

しばらく前に救われなかった

東京が沈んで白い息がやってきます

私はちょっと泣いてしまった。

ハイエナのような紳士が近づいている

「まあ?

東京・築地の味を堪能できる『えん屋』

あなたの日本の請求書を言う

笑い口から見える抱擁は汚い

東京は自分自身を吐く

その後、手紙の中で私を打つ

路地裏…
たくさんのアザ

しかし、路地の裏側から見える星は美しい

“神”

私は呟いた

黒子アプローチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です