東京では一連の報告を終えた

ですので、少し東京を取ります。

東京、人気のない男性(=コミュニケーション能力の低い人)の主語は常に「私」です。たとえば、先日「私」をやりました。だから、「私」は◯◯、◯◯、そして◯◯でした。そして、一連の報告を終えた後、私は感動したと思うので、リフレッシュして満足していると感じています。

一方、少し人気のある男性の主題は「あなた」です。 「あなた」に起こったことは、いわゆる「良い聞き手」の反応です。これはかなり人気がありますが、それを聞く方法があります。

これはホストがよく使うテクニックで、「私たち」を題材にした話を聞く方法です。 ◯◯だと言うことで、自分と相手の一体感が生まれ、相手に共感しやすくなります。

東京が私に話しかけると、「私たち」と「一緒に」という言葉が波状の攻撃のように見えることがあり、私は彼女に親しみ、共感せざるを得ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です