日常的に使用していた東京

近年、中高年層のラブホテルの東京が増えていますが、その理由は2つあると思います。

奈良県のボウレトロホテル「五条アイネルーム231」(筆者撮影)。
1つは、ラブホテルを日常的に使用していた人々が約40年間愛用していることです。若い世代はラブホテルの利用をやめているため、中年世代の利用が比較的目立つと言える。そのため、女子会でのパーティー利用や、お祭りの会場としてのゲストルームの開設、多言語のウェブサイトを利用したインバウンドゲストの獲得など、企業の多様なニーズに応えていく必要があります。東京たちは生き残れない状況にあります。 東京のゲストの使用も理解しているラブホテルがいくつかあります。
今日の60年代と70年代はまだ元気です。 80代になっても自営業に苦労している高齢者もいれば、引退後の警備員や建物の掃除などの仕事を継続したり、再雇用制度に取り組んでいる高齢者もいます。個人差はありますが、肉体的にも精神的にも活発で、年金生活を楽しむおじいちゃんもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です