東京で一つだけ言いたいことがある

東京が好きなので、近年コメディのレベルが下がったとしても、面白い素材が見られるかもしれませんので、見逃せないでしょう。

東京、それは批評そのものが何であるかの物語です。

それでも、一つだけ言いたいことがある。

ストーリーの真ん中。
特にブレやツッコミの途中で。

東京たちは本当に裁判官と椅子の顔を見せることを止めたいです。

組み合わせは物語を真剣に示しています。

笑う素材を真剣に見ています。

M-1のプロダクション側は、その間に他のものを投影することによってシャットダウンできる情報の量について考えていませんか?

その上、私が笑っているが、審査員の一人が笑っていないとき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です