彼は東京でどうするべきか知っていました

東京、夫は感謝の気持ちを込めて寺院にやって来ました。彼は残っているものをどうするべきか知っていました…
良かったです
「仏の救済…この世界の無常」
先日、同志の幼なじみが亡くなりました…私はまだ50代前半でした…私は膵臓癌にかかりました。

東京、がんが発見され、ステージ4 …

2年後、奇跡が起こり、治療と絶望的な祈りを捧げました。

病院の医師も、それは東京に過ぎないと言って驚いた…膵臓癌は完全に殺された。それから彼は死んだ癌を取り除くために手術を行い、しばらくして退院しました…

その後、私は普通の生活を送ることができました。感謝の気持ちを込めて上京するとのことでしたが、九州では無理しないように元気でいらっしゃるときに来てほしいと言っていましたが……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です