晩秋に人を待っている東京

草と人を待っています

秋の東京

子供の言語
ねこじやらし、Perきのこ、犬神草

名前が付けられたのは、細い茎の先端に長い東京が付いたふさふさした髪が犬の尻尾のようだったからです。猫。晩秋には、葉がきれいになります。 ←私はそれが美しいと思います、それは毛羽立った尾のようで、それはかわいいです。

東京製菓学校の菓子祭

良い秋と犬
(小林一茶)
私は道端で猫になります
(筒内綱紀)
くしゃみバイバイ猫
(多田道太郎)
私は私の良い時間に枯れを示すつもりです
(岸田稚魚)
東京の時の川原
(稲葉Re子)
大ざっぱな揺れとあいまいな猫
(橋本道子)
男が何人の夢を死ぬか
(野村敏郎)
歌を歌わずに道化師を始める猫
(千田洋子)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です