日本一の東京の木に生える果物

東京の木に生える果物。 9月から10月に赤熟します。
食べるのは甘いですが、種は有毒です。木は庭の木や生け垣にも使用されます。
このツリーは「いいえ。 1」は、No。1やNo. 1の儀式などの高官が保持するの材料として使用されたためです。
東京の素材としては、日本一であり、他の建築、道具、彫刻に使用されています。

ミノに入って最初の果物を吸う

『東京ゲームショウ2016』はどうなる!?

手に置いて火のように
(A山)
二人ふたりと1位の果物
(岩崎照子)
日暮れまでの遊び心の果実
(工藤知子)
最初の暖かさの日を続ける
(東京)
朝少し降りて最初の果物は甘かった
(岡本at)

オンコノミの名前は、北海道などの北部地方の方言です。

おへそについて考えると、秋の実を見ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です